FC2ブログ
Gallery

このブログについて!

このブログではアクアポラリスが自作ゲームのことや、その他雑多な話をつらつらと書いていきます。

何かありましたら、メールフォームまたはこの記事のコメント欄でお気軽にどーぞ。
コメントは、便所の落書き並に気楽に書いちゃってかまいません。
匿名がいい!って人は質問箱にどうぞ。

ツイッターで更新をお知らせします。(@hoshiyo_

フリーゲームレビューはこちら


―コンテンツ―

自作ゲーム

tamayurabana.pngあとがき   ←NEW!!

hisamebana.pngあとがき

clomemobana.pngバグ情報攻略解説実況あとがき(ネタバレ注意)

sayoriabana.pngあとがき(ネタバレ注意)  ←おすすめ!!

huyushigurebana.png

fearybana.png攻略あとがき(ネタバレ注意)

CMbana.png| 進捗状況:1 2公式サイトα版DL

samidarebana.png


short100_banner.png ←合作参加中!

その他のコンテンツは追記にて。
スポンサーサイト



ティラノスクリプトで作成したブラウザゲームをローカル環境でテストする

最近はティラノスクリプトを使えば簡単にブラウザ向けゲームが作れるようになりました。
スマホからでもプレイできて便利ですよね。
スマホやタブレットでのプレイ感をより重視するなら、実機でテストプレイできたら嬉しいと思います。

これ、実はWindowsユーザーならクッソ簡単な方法があります。
まあ知ってる人からすれば当たり前みたいな話なんですが、
少なくとも1年前の自分は知らなかったので、役に立つ人はいるんじゃないかと思います。

以下のものが必要です。

・Windows(Macユーザーは別の方法を探してください)
・自宅のWi-Fi環境(要は同一LAN内でないと駄目です、無線LANルーターが家にある人なら恐らく大丈夫)
・スマホ、タブレット等

手順は以下の通り。

IISの機能を有効化する


①スタートメニューから「コントロールパネル」を開く
 (検索窓で「コントロール」とか入れれば出てきます)

②プログラム→Windowsの機能の有効化または無効化を開く

③「インターネット インフォメーションサービス」を探してチェックを入れ、OKをクリック

IISの設定をする


①スタートメニューから「インターネット インフォメーションサービス(IIS) マネージャー」を開く
 (検索窓で「インターネット」とか入れれば出てきます)

②左側の接続欄で三角をクリックしてツリーを開き、「Default Web Site」をクリック

③真ん中の一覧から「MIMEの種類」をダブルクリック

④右側の操作欄の「追加...」をクリック

⑤以下の拡張子を追加する(「.」はつけなくてよい)
 (ファイル名の拡張子, MIMEの種類)
 ・tjs, application/tjs
 ・ks, application/ks
 ・ogg, audio/ogg(oggファイルを使う場合)
 ・m4a, audio/aac(m4aファイルを使う場合)
 ・webm, video/webm(webmファイルを使う場合)
 ・mp4, video/mp4(mp4ファイルを使う場合)

デプロイしたファイルを設置する


①ティラノスタジオやティラノビルダーでブラウザ向けにデプロイしたファイルを、
 「index.html」のあるフォルダごと「C:\inetpub\wwwroot」に設置する。
 (inetpubフォルダがない場合は再起動とかしてみてください)
 ※この時、デプロイしたフォルダ名は接続時に必要になるので英数字のみの簡単なものにしてください(例:tyranoproject)

ブラウザから接続する


①スタートメニューから「コマンドプロンプト」を開く
 (検索窓で「コマンド」とか入れれば出てきます)

②「ipconfig」と入力してEnterキーを押す

③「ローカル エリア接続」欄の「IPv4 アドレス」を確認する(例:192.168.1.2)

④PCやスマホからブラウザを立ち上げ、アドレスバーに「IPv4 アドレス/フォルダ名」を入力し移動する
 (例:192.168.1.2/tyranoproject)

⑤ゲームが起動する! やったね!





どうでしょうか。できましたか?
環境によってはできないこともあるかもしれません。その時はすみません。
あと、フリゲ登録サイトによってサーバー環境が違うので、完全に同じ動きかどうかは保証できません。
あくまで見た目とかプレイ感の確認用という感じです。

以上、お役に立てていれば幸いです。

「デスカムトゥルー」というゲームをプレイしました



どうも私です。
社会人になってもゲームは欠かさずチェックしてます。
私は「ルートダブル」というゲームがとても好きなのですが、
そのプロデューサーの中澤工氏のツイッターで前々から告知されていたゲームがリリースされたので、プレイしました。
「デスカムトゥルー」というゲームです。
ちなみにSwitch版です。(スマホ版もあって、さらにこれからPS4とかPC版もリリース予定らしいです)
公式がネタバレ防止をかなり意識しているので、詳しくは語れませんが、
ネタバレにならない程度にレビューしてみたいと思います。

まず、全然知らない人のためにどういうゲームなのかを説明しますね。
本作は「ダンガンロンパ」の小高和剛氏がシナリオ&ディレクターを務め、
シナリオ補助には「Ever17」の中澤工氏も参加している、
“新感覚インタラクティブ映画ゲーム”です。
プレイヤーはほとんど操作することなくゲームが進んでいきます。
たまに選択肢を選ぶ場面があって、物語が分岐していくという形です。
まさに、映画を見ている感覚でプレイできるゲームってわけですね。
あらすじは以下の通り。(公式サイトから引用)



とあるホテルの一室。
ベットに横たわる、1人の男。
けたたましく鳴り響く電話の音で目が覚める。
電話をとるとフロントからのメッセージ。
「お困りのことがあればいつでもフロントまで」
男は、自分がどうしてここにいるのかわからない。
というか、何も思い出せない。

ふと、まわりをみわたすと、縛られ気を失っている女性。
テレビから流れるニュース映像。
そこには、連続殺人犯として指名手配されている男の姿が。
そこへ、ドアをノックする音。

(どうでもいいけど、「ベット」じゃなくて「ベッド」ですよね)




……さて、結論から言うと、そこそこ面白かったです。
ただ、ゲーマーからすると少々物足りなさを感じる内容だったかもしれません。
似たジャンルのノベルゲームとかに慣れているとかなり短く感じると思います。
とはいえ総プレイ時間2~3時間くらいでサクっとできるのは利点とも言えますかね。
「ゲーム」ってよりは「映画」って認識で見るのがオススメです。
しかしながら「ゲーム」としての面白さもバッチリあるのでご心配なく。
シナリオは短いながらにまとまっていてよかったです。

社会人ゲーマーにとっては「短い」「受動的に見られる」っていうのはかなり良い点だと思いました!
選択肢があることにより没入度が上がった映画って感じですね。
ノベルゲームだと文字を読むのが面倒くせぇとか長すぎて途中でダレるってことがありますが、
このゲームはただ見ているだけで情報が入ってくるのが魅力です。
お値段も2000円弱と、とてもハードルが低い所がグッドですね。

この「映画ゲーム」って形式はかなり気に入ったので、もっと増えてほしいですね。
今の時代に合ってる気がします。
なんだかんだ言って、活字を読むのって気力を使いますからね。
それがないのがとてもストレスフリーです。

……という訳で、短い時間でサクっと楽しみたい、映画やドラマが好き、
本郷奏多が好き、栗山千明が好き、佐藤二郎が好き、梶裕貴が好き、
……という方はお楽しみいただけると思います。

気になった方はプレイしてみてはいかがでしょうか。

フリーゲームレビュー「親愛なる孤独と苦悩へ」

久しぶりにノベルゲームをプレイしました。
有名なやつ。
今までレビューしてきた作品の中で最長です。
驚異の15時間。
私がこんなに長いものをプレイするということは、つまり、面白いということですよ。
なにか悩みを抱えている/抱えていた人にこそ、読んでほしい作品です。
今回は追記にネタバレ有感想も書いてます。
超個人的な上長いので、お暇な方だけお読みくださいw


フリーゲームレビュー「親愛なる孤独と苦悩へ」


kodokuno.jpg


「全ての意味を感じよう。」


あらすじ

内田姫紗希、那古龍輔、都宮海、
現代を生きる、その大学生の若者たちは悩んでいた。

夢、目標、就職、人間関係、親、
そして、性格、思考、自分自身……。

「カウンセラー」とウェブ検索を掛けたインターネットの果て、

39ページ目。

この上なく簡素なホームページでありながら、強気な宣伝文を構え、
何故か無料の不思議なカウンセラー、
まこちゃんこと、橘真琴との出会い。
彼らの心はどう変化し、どの道を選び、進むのか?

それぞれの最後を見届けよう。

(公式HPより引用)


プレイ時間

15~16時間くらい


ジャンル

人生の意味を考えるカウンセリング長編ノベル


制作ツール

AIRNovel


オススメポイント!

・共感しかない、登場人物たちのリアルな悩み
・明日から自分も使える、まこちゃんのアドバイス
・“泣き”が印象的な表情差分
・「全ての意味を感じる」ラスト


感想

これは多くの人の救いになるんじゃないかなぁと、そんなゲームでした。
正直……正直に申し上げますと、プレイ前は失礼ながら
「作者が亡くなったから神格化されてるだけでしょ」
と思っていましたが、いや、これは違いますね。大きな勘違いでした。
現在悩みを抱えている人、あるいは過去に悩みを抱えていた人。
そういう人にぜひ読んでいただきたい、名作です。

本作は3章+αの構成となっています。
話の流れとしては、基本的に

何か悩みを抱えた主人公

Webで見つけた「まこちゃん」と呼ばれるカウンセラーに相談

心理学に基づいたアドバイスを受ける

解決へつながっていく

というものです。
そして、この「アドバイス」が、登場人物だけでなく、
読者である私たちも明日から使えるようなものばかりなんです。

人間、生きていれば少なからず悩みは抱えているものですよね。
そういう悩みに「どう向き合っていけばいいか」をまこちゃんは教えてくれます。
結構、「うわ、自分もこう考えてたかも……」ということも多く、
登場人物と一緒に読者である自分も成長していく感覚を味わうことでしょう。
これこそが、本作の大きな特徴であると思います。

細かく見ていきますと、
まず、1章は、引っ込み思案で傷つきやすいことに悩む「内田姫紗希」が主人公です。
小学校で教育実習をしている姫紗希。
上手く授業ができなかったり、苦手な先生が居たりと、まあ些細と言えば些細なことばかりなのですが、
憂鬱な気持ちをどうにかしたいと、まこちゃんに相談します。
この1章は、「優秀でなければならない」と考えている人には特に刺さる内容であるかと思います。
子供の頃に嫌々勉強させられていた、塾に行かされていた、
自分のやりたい事を禁止された、自分の意見は「わがまま」として聞き入れられなかった……
そういう……そういう経験のある人は……。
まこちゃんの言葉、結構救いになるんじゃないかと思いますね。
まあ、個人的には1章のラストは納得いかないんですけどね。
これは私の観念の問題ですね。ちょっとまだ、克服できないかな……。

2章の主人公は、就職活動を目前に控えながら、夢も目標もやりたいこともない大学生、「那古龍輔」。
唯一興味のある格闘ゲームでは、そこそこ……というか、かなりの腕前を持っているのですが、
やはりそこはアマチュア。プロに勝てるほどではないというなんとも中途半端な状況です。
この章は、他の章に比べるとやや明るめな印象です。
某プロゲーマーの逸話を元ネタとした、アツい話が楽しめます。
この話は、演出で楽しませてくれたという印象でした。

3章の主人公、「都宮海」は友人とのすれ違いに悩んでいます。
それまでの話とは違い、まこちゃんとは過去に既に出会っており、カウンセリングを継続している状態です。
カウンセリングを継続しているだけあって、海くんは非常にポジティブです。
あくまで自己の内面のみの問題だった前2章が基礎だとすれば、この章はその応用といった位置づけでしょうか。
決め手となる「とある台詞」が印象的な章でした。

そして、この3章の終わりから、本編とも言うべき、物語の核心へと迫っていきます……。
ここからはとにかく暗い話が続きます。
しかし、その積み重ねがあったからこそのラストは必見です。
ネタバレが嫌なので多くは語りません。
「親愛なる孤独と苦悩へ」
ぜひ、その意味を噛み締めてみてください。

文句なしの、おすすめです。


制作者

楽想目


ダウンロード

http://southerncross.sakura.ne.jp/circle/rakusomoku.html#170716
(作者の死後、親族の許可を得てフリーで公開されています)


以下、追記にてネタバレありの超個人的感想です。
未プレイの方はご注意ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

参加合作「ショート・ショート・ショート100」が公開されました

short100_banner.png

前々から、「参加してるよ~」と宣伝していた合作が、ついに完成しました!
私は5作品寄稿しています。

1500字くらいの超掌編ノベルが100本+おまけノベルが収録された作品です。
実はこのおまけストーリーがめちゃくちゃ良作だったりします。
作品読了数に応じて解放されていきますので、ぜひ100作品完読を目指してください。

多種多様な参加者にも注目です。以下参加メンバー(敬称略)

義弓くー、九州壇氏、オザキショウゴ、CIL、さつきち、直弥、NaGISA、八久斗、ねこの、あほちゃん、
あいはらまひろ、神無月ミズハ、原すばる、アクアポラリス、ヒビキソラ、ringotori、しろっく

フリーノベルを読んでる方なら、「あ、この人知ってる」という方がたくさんいるのではないでしょうか。
中には、このショート100を機に復活した方々もいらっしゃいますね。

こんな感じで、めちゃくちゃ豪華な作品となっておりますので、
ぜひプレイしてみてください。

ダウンロード


ノベルゲームコレクション版

https://novelgame.jp/games/show/3046
ブラウザで気軽にプレイできます。スマホでもプレイしやすいです。

ふりーむ版

https://www.freem.ne.jp/win/game/22350
PCでダウンロードしてじっくり楽しみたい方はこちら。

2020、希望あふれる年明けかな

年賀状2020

あけましてお久しぶりです(謎)
いやー、半年くらいブログ更新できてなくてすみません!
Twitterにはちょくちょく出現していたんですけどね。
社会人だから書く時間もないほど忙しいのかっていうとそうでもない。
最近はもっぱらポケのモンをやってました。
創作の方の進捗がなかったもので、更新サボっておりました。
すみません。

っていうかね、最近思ったんですけどね、
リアルの充実度と創作活動の充実度は反比例しますね、これ。
今までは、現実逃避欲が創作の原動力になってた気がしますね。
「さよなら、リアル」「氷雨の記憶」「たまゆらの夜」みたいな作品を今書ける気がまったくしない。
と、いうのも、仕事を始めたことにより、ものすごく精神的に安定した気がします。
素敵な人たちに出会って、尊敬する人も何人かできたので…。
以前までの自分だったら考えられなかったことです。
「誰かとの出会いによって人は変わる」
こんなのは漫画やアニメの中だけの話だと思っていました。
昔の自分が見たら馬鹿にするでしょう。
闇堕ちならぬ光堕ち(?)してしまったのかもしれません(w

…まあそんなわけで、去年はとても素敵な1年になりました。
今年もまた楽しい1年になると良いなと思います。

去年はあまり創作活動はできなかったのですが、
「たまゆらの夜」にちょくちょく感想や実況をいただいていることは把握しています。
皆さまありがとうございます。
今までの作品の中でいちばん、「心に刺さった」というような感想が多いように思います。
嬉しい事です。
あれを書いたときの私は、序盤の秋月でした。
ひねくれてて、トゲトゲしてて、他人なんて信じていなかった。
でも、今の私は…もしかしたら、エンディング後の秋月になったのかもしれません。
私は私なりの「タマ」に出会うことができた。
導いてくれる人が居るというのは、こんなにも心強いのですね。
人を信用したり、尊敬するってことをようやく知りました。

自分は、いつも作品を作るとき、
「どこかで鬱屈とした思いに苦しんでいる誰か」に届けたいと思って作っていました。
そういう人のもとに届いて、ちょっとでも、こう、共感というか。
救われたらいいなあと思っていたのです。
だからこそ、今だからこそ言いたい。
どんなにつらくても、仲間が一人もいないと思っても、
いつかは皆さんも、皆さんなりの「タマ」に出会えます。きっと。
だから安心してください。


さて、2020の創作活動はどうなりますかね。
とりあえず、「ショート100」(参加している合作)の方は順調に完成へと向かっております。
正直、今、前述の理由によるモチベ低下により長い作品を書ける気がいたしません。
職場には面白い人たちがたくさんいるので、日常から発想していくというのもアリなのかなと思ったりもしていますが。
キャラ濃すぎてドラマかなんかの登場人物みたいな人ばっかりなんですよねw
完璧超人だったり、めっちゃオタクだったり、口は悪いけど根は優しくて他人思い、とか…。
事実は小説より奇なりってやつですな。
まあ、なんか思いついたら書きます。今までもずっとそうやって来たんだ!!
1作はつくりたい、せめて!
そんな感じです。
次作は明るめの作品になるやもしれません。

それでは、今年もアクアポラリスをよろしくお願いいたします。

フリーゲームレビュー「かこ。」

久しぶりにレビュー記事です。
しかし、今回はいつものオススメ作品レビューではありません。
単純に、広めたい、拡散したいと思ったが故の記事投稿です。
どう思うかは人それぞれだと思いますが、
この作品から何かを感じ取ってくれる人が一人でも増えたらいいんじゃないかなと、
そういう気持ちで記事を書きました。



フリーゲームレビュー「かこ。」


kako.jpg


「実話を語るノベルゲーム」


あらすじ


実話をそのまま書きました。
悲しい話になっていると思います。
このような文章を書くのは苦手なので1つだけ言わせていただきますと≪目≫に注目してほしいです。

(ふりーむ!のゲーム紹介文より引用)


プレイ時間

10分くらい


ジャンル

作者の過去を描く掌編ビジュアルノベル


制作ツール

ティラノビルダー


オススメポイント!

今回は作品の特性上、オススメポイントは書きません。


感想


いつもとは毛色の違うレビューです。
普段は「面白い」と思った作品をオススメする目的でレビューを書いていますが、
今回は単純に「広めたい」という理由だけで筆を執りました。

ノベルゲームを作る理由というのはいくつかあると思います。
自分の理想とする物語を描きたいとか、
人に楽しんでもらいたいとか、
褒められたいとか。
あるいは、「行き場のない感情を吐き出したい」とか。
それができるのが、捌け口になってくれるのが、ノベルゲームだと、個人的には思います。

作者さんがどういう思いでこの作品を作ったのかはわかりません。
しかし、こうやって作品として形にして世に出すということは、とても素晴らしい事だと思います。

これを出すことで、何かが変わるかもしれない。

そういう一歩を踏み出す人のことを、私は応援したいです。
だからこの記事を書いています。

内容については語りません。
事実に対して後からあれやこれや言うのは野暮です。
ただ、こういう人生を歩んできたからこそ書けることってあると思うので、
作者さんには今後も作品を作り続けてほしいですね。
無理のない程度に頑張ってほしいです。切実に。
プレッシャーはかけたくないので強くは言いません。
辛くなったら吐き出す先、とでも考えていただけたら嬉しいですね。
そうやって作られた作品には、不思議な魅力があったりするものですから。

作者さんの今後の人生に幸多きことを祈ります。


制作者

しおみず 様


ダウンロード

https://www.freem.ne.jp/win/game/20507