FC2ブログ

クローバー∞メモリーズのあとがき

いつもの如くダラダラあとがき書いていきまーす。
ネタバレ注意っす。

では追記にて。

























いやー、完成しましたねー。
しかし、今作は開発期間が約1ヶ月と、今までより全然短いっすw
その割にプレイ時間2~3時間と、「CROSS×MIND:α」と同じくらい。
まぁ、いつもと違って今回はサボってた期間がない(笑)ので、そのせいかもしれませんが。

今回、初めてRPGを作りました。
ノベルゲーム作るのとは、やっぱり全然違いますね~。

まず、フラグ管理の大変さがダンチです。
例えば、「鍵付きの扉」を作りたいとしますよね。
そしたら、まず「鍵を持ってるか?」の確認をしなければならん訳です。
その上で、「鍵を使うか?」の選択肢を出して、YESなら「鍵を減らして」「扉を消さ」なければならない。
これ、文章だと簡単そうに見えるかもですが、実際やってみると意外とめんどくさいです。
こういう事の繰り返しなので、必然的にミス=バグも多くなります。

そんな訳で、今回は今まで以上に不具合がないか不安であります…。
っていうか、デバッグ用に設置したキャラとかが残ってないか不安だ…。
話しかけるとレベルが上がったり、フラグONにしたりするキャラね。
こんなのが残ってたらもう滅茶苦茶ですからね…。
しかも、ノベルと違ってやれることが多いんで、テストプレイも大変で…。
デバッガーの大切さを身に染みて感じました。

んー、あと、演出が難しいですね。
シリアスな感じが出せないっす…。
地の文で表現できないのが地味にツライ。
そのため、「クロメモ」はいつもに比べて相当かるーいノリになっています。
個人的に、RPGゲームでタラタラ台詞を語るのがあんまり好きじゃないってのもありまして。
自分で動かせない時間が長いのがイヤなんですよね。
なので、イベントシーンは相当短め、軽めです。
キャラの関係性とか、その辺は各々で妄想して頂けたらなーと思います。

そして、RPGといったら大変なのはコレ! …戦闘の調整です!
敵キャラのパラメータとか、魔法の威力とか…。
テストプレイしながらチマチマ修正を繰り返しました。
それでも、バランス完璧! とはいかないです…。
ボスの強さに差があったり、単調になっちゃったり…。
一番大事なトコですが、一番難しいトコでもある気がします。

はぁ~、もうなんか今回は自信がないっす…。
なんていうか、ノベルと違ってプレイヤーごとに行動がまったく違うので…
変なとこでバグったりとか、難易度が想定より難しかったり易しかったりとか…
色々不安です。
ストーリーも、あって無いようなものなんで…。
今回はどっちかって言うとキャラ重視、RPGとしてのプレイ感重視です。

そう…問題はストーリーなのです…。
こっからはネタバレ注意ですよ。

みなさん思ったことでしょう、「あまりに先が読みやすすぎる!」
私もそう思います。
正直、ヴェスディア辺りで気づく人も多いんじゃないかと…。
ゼフィルスの発言でもうほとんどの人は終わり方予想できちゃったんじゃないかな。
ってかルキフェアとかいう直球な名前も…ね…w
個人的には、もうそれでいいんじゃないかと思ってああいう形にしました。
要は、「自分との戦い」っていうそのシチュエーションを楽しんでもらいたかったのです。
闇堕ちした自分とのラストバトルがやりたかったんですw
割とありがちな展開だと思いますがw
「えーっ!!」っていう驚きよりも、燃える、アツい展開を取りました。
熱いって言う割には文章が淡々としすぎてた気もしますが。
その辺は妄想で補ってください…。

っていうかさ、クラウス君の見た目、明らかに主人公のそれじゃないよねw
銀髪のエルフ耳は主人公じゃないわw
ぶっちゃけ、服似合ってないもんねw
ルキフェア時のしっくり感がヤバい。

はい。

キャラクターは結構気に入っています。
製作期間が今までより短いので、愛着って意味では他の作品の奴らに負けますが。
あ、でもクラウス君はテストプレイでず~っと見てきたので結構愛着湧きましたw
あと、塔の中ボス二人…っていうか二匹?二体? も結構好きです。
見た目に反しておちゃめな感じでねw
あと、ゼフィルス君!
女のコに受けるようなキャラメイクにしたつもりなのですが、どうなんでしょうか。
キャラデザはなかなかいい感じにできたと思っているのですが。
ルキフェアも同様です。
立ち絵はルキフェアが一番好きかもしれない。
エネミーグラフィックだったらヴェスディアかな。

あー、なんだかんだ言って愛着湧いてるかもしれないですw
いつもの如く主人公はやべーやつですしねw
何度も言ってますがやべー主人公が好きなのですw

ああ、やべぇと言えば、今回はEDが地味に2種類あります。
カレンにもらったお守りを装備してなかったらバッドエンドですw
お守り強いから、バッドエンドに行く方が難易度高いというw
カオスドラゴンが落とす素材を西の家のおじさんに渡すと、それなりの装飾品を貰えるので、それを装備する事をお勧めします。
まあ、大したエンドではないので、気が向いたら、あるいはバッドエンドマニアだったら、やってみて下さいw

エンディング後のオマケは……フリーダムです。
立ち絵がさ、新たに描くのもアレだしさ…w
割とメタギャグ寄りのゲームなんで、許してくださいw
…あるいは、許す努力を…お願いしますw

さて、こんな所ですかね~。
なんかいつも以上にグダってた気もしますが。
なにはともあれ、ここまで読んで下さった方、プレイして下さった方、ありがとうございました。
…本当に、本当にありがとう!
そして、素晴らしい素材を提供して下さった皆様にも感謝を。

他の作品も手に取って頂けたら嬉しいです。
それでは。 アクアポラリスでした。

ばはは~い。


おまけ。
立ち絵集的なの。(クリックで拡大)

hero.pngkaren.pngvesdia.png
jakuren.pngmarchengoblin.pngdragoresearcher.png
zephyrus.pnglucifer.png

enemy_vesdia.pngenemy_jakuren.png
enemy_marchengoblin.pngenemy_dragoresearcher.png
enemy_zephyrus.pngenemy_lucifer.png

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment