さよならを教えたり教えなかったりしろ

こーたろ
(クリックで拡大)

その場所には、永遠と奇跡と幻想と幸福と ―――そして、少女の笑顔があった。
「君は、奇跡を信じるだけでいいんだ。 そうすれば、僕が… …君の願いを、叶えるから」



孝太郎すきすきパラダイス!!
自作ノベルのキャラの中で1,2を争うくらい好き。
だから厨二感満載の孝太郎をらくがーき。

いやいや、ネタネタ。ネタ絵ですよ。
だって孝太郎はこんなヤバそうな人じゃないもんねー。
たしかに奇跡を起こせるとかある意味ヤバいけどさー。
でも奈月ちゃんと楽しくお話してるだけの善良な一般放浪者だもんねー。

……みんな、「さよなら、リアル」、やってね……。

勾玉をポケットに入れてないのは、首から下げてた方がカッコいいからってだけですw


RPGの方はちまちま進めてます。
あとちょっとあとちょっとって言いながら意外と先が長かった…!!
ノベルゲーの文章書くよりRPGのシーン作る方が難しい希ガス…。
軽い気持ちでできないわ…疲れてる時は厳しいわ…。
…ま、言ってもノベルゲーの文章も中々筆が進まないのですが。

何かが憑依してずばばばばばばばばーーーーっっっっっっっ!!!!!!って書けないかなぁ。
それこそ別に孝太郎でもいいのよ。
…しかし、孝太郎に憑依されたら俺の人生終わりな気もする。
お前はオレの心の中だけでくすぶっててくれ…!w
龍也も同じく。あと、あのコもね。

…こうやって自作ゲームの世界に想いを馳せるってのは、すっげぇ痛いコトですが…
楽しいんですよねぇ…。
作ってる人はみんなそうだと思いますが。
家族とも違いますよね、子供って訳でもなく。
でも大切ななにか。
…不思議な存在ですね。

レクリエイターズの松原さんとセレジアの関係は、なかなかに良かったと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment