FC2ブログ

フリーゲームレビュー「ヤミクイウサギ」

結構前にダウンロードして、
でも強制フルスクリーンにびびってやってなかったゲームをプレイしたので紹介します。
あと、プレイしてどうしても語りたい事があったので語らせていただきます…w


フリーゲームレビュー「ヤミクイウサギ」


yamikui.jpg


「絶望した僕の前に現れたのは、夏の幻のような女の子だった――」


あらすじ


《ヤミツキ》と呼ばれる超常現象を引き起こす『病』が存在する世界――
​主人公の伊月一夏は“やつら”という存在しない集団に脅かされ、引きこもり続けなければならなくなった。
絶望の日々を送る一夏の元へ、《ヤミツキ》を食べるという謎の少女が現れる。
とある宗教団体から逃げてきたのだという彼女は、かけがえのない存在になるが……
主人公がリアル中二という青春の切迫感。
ミステリアスな展開と衝撃の結末。
少女が『かみさまのイス』から見た風景とは――

(ふりーむ!のゲーム紹介文より引用)


プレイ時間

30分くらい


ジャンル

​儚い夏の幻のような短編ノベル


制作ツール

NScripter


オススメポイント!

・美しく読みやすい文章
・コンパクトにまとまったストーリー
・ワクワクさせる設定、世界観


感想



 四   C
(仮) (十) <ヤミツキを治す方法? そんなの、レベルを上げて物理で殴ればいい
 八  .八



…はい。
すみませんね、いきなり。
クソゲーネタについては、ひとまず置いておいて…。

まず、起動したら強制フルスクリーンでビビりましたw
ウィンドウにもできるんですかね? ぱっと設定見た限りではやり方がわからなかったです。
ノベルでフルスクリーンはちょっとやりづらかったw

しかし内容については、30分で起承転結まとまった良作でした。
展開は割と素直で読みやすいほうだと思いますが、文章やキャラの良さで引っ張ってくれます。
読後感も非常に爽やかで、良かったです。

ムダがない、という所ですね。
短編においては非常に重要だと思います。

文章も、読みやすいのに文学的なのが凄いと思いました。
ラノベとかって、固いというか、あまりに気取りすぎて読みづらい事が多々ある…気がします。
ノベルゲームでも、そういうことあるんですよね。
それが悪いってワケじゃないんですが、やっぱり読みやすいに越したことはないと思います。
かといって、読みやすさを求めるあまり表現が稚拙になっちゃったら本末転倒なのですが…。
その点、この作品は表現の美しさを保ちつつ、読みやすさと両立されていました。
こういう、読む人の事を考えた文章は良いですね。憧れます。

あと何より設定、世界観の良さですね。
「ヤミツキ」という奇病、それを治すことのできる少女との出会い。
不思議な女の子、そして、「かみさまのイス」―――
ワクワクする単語のオンパレードですよ、まったく。
塩になった女性とか、そういう話を出すことで、読み手の想像を膨らませる…上手いですね。

そしてこれは超個人的な話なのですが、冒頭の描写が好きです。
いきなり糖質な行動をとる主人公…うーんドストライク。
…すみませんね、わたくし、「やべぇ主人公大好き委員会」の者でして。
妄想だ。妄想だ。妄想だ。妄想だ。妄想だ。妄想だ。妄想だ。妄想だ。妄想だ。……
ああ、楽しいですね。
…まあ、彼の場合、「ヤミツキ」のせいでこうなっているだけなのですが。
それでも、冒頭の狂気描写には惹きつけられましたよ。

さて…そして何より、本作を特徴づけるのは…
―――“クソゲー”だ―――!!!!
なんかこう書くと誤解されそうですが、本作は良ゲーですw
登場人物の一人がクソゲーマイスターなんですね。

今回感想を書いたのは、クソゲーについてちょっと語りたかったのもあるんですよw
自分、AVGNとか見漁ってましたし、クソゲーオブザイヤーも大好きですからねw
だからこそ言いたい!
…もっとクソゲー描写を!!!!
本作に出てきたのは、覚えてる限りでは
「たけしの挑戦状」「いっき」「スペランカー」「デスクリムゾン」「四八(仮)」
そんなもんでしたかね。
いや、まだ何かあったような気もしますが…すみません、忘れました。

他の感想とかでは、「クソゲー描写はいらなかった」みたいなのをよく見ますが…
…むしろ、もっとクソゲー描写が見たい!!
と、自分はそんな風に思ってしまいましたとさw

具体的には「星をみるひと」「ゴーストバスターズ」「マインドシーカー」とかね…。
ふっかつしゃ!! りり!! EDポエム!!
いやークソゲーっていいね!!

FCに限らなければ、他のクソゲーオブザイヤーネタとか。
ノベルだったら…四八の他にも「code_18」とかね!
これ、まさかのInfinityシリーズ、EVER17の正式な続編なんですよ…!!
まあ、中澤さんも関係してないし、スタッフ総とっかえの結果らしいですが。
悲しいですね。

あと「死の虹(LJN)」とか「チーターマン」…は、海外だからあれかな…。
いや、でもクソゲーマイスターならば!
NESもジェネシスもATARIも! 持ってておかしくないハズ…!

微妙にネタバレですが、Ⅱコンが空いてるのを見て寂しさを感じる…的な話がありましたが。
2人プレイのクソゲー…? それはつまり―――
俺は思った―――なるほど、「怒(いかり)」をプレイしていたのですね! …と。
魔法のコマンド、「ABBA」でギターガイも復活さ!!
…すみません、意味不明でしょうが、AVGNネタです。
あるいは「バトルトード」ですか? でもあれは見た感じ良ゲーっぽかったなぁ。(これもAVGNネタ)

ちなみに、AVGNというのはAngry Video Game Nardの略で、クソゲーレビュー動画、及びそれに出てくる男性の名前です。
ニコニコに有志が日本語字幕をつけた動画があるので、興味のある方はぜひぜひ!
もうめっっっっっっっっっっちゃ面白いです。
ふぁっく とか あす とか しっと とか言いまくってますw

……はっ!? いかん、少々語りすぎたか!
いやー、なんかテンション上がってしまいました。
自分ではクソゲーってやったことないですが、クソゲーレビューは大好きなもんでね。
ついつい、色々と書きまくってしまいました。
「ヤミクイウサギ」の感想だった筈なのに、いつの間にかもの凄い脱線していた…!!
申し訳ありません。

そんな訳で、読んでて「ああ、きいちゃんとは気が合いそうだな」などと思ったのでした。
語り合いたいねぇ、AVGNの名シーンとかねw

なんかクソゲーについての語りが長くなってしまいましたが、
「ヤミクイウサギ」、30分でしっかり楽しめる作品なので、まだやっていない方は是非やってみてはいかがでしょうか。
続編も制作中らしいですよ!


制作者

TRY Project 様


ダウンロード

https://www.freem.ne.jp/win/game/14662
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。